アベル【聖書人物伝】#4

この記事は約2分で読むことができます。

目次

最初の殺人事件

聖書に登場する人物を紹介するシリーズの第4回目は、アベルです。

人類最初の殺人事件はアダムとエバの家庭の中で起こりました。犯人である長男カインの犠牲者となった弟のアベルは、神を愛し、神に忠実に従う信仰者でした。彼は動物の犠牲を捧げて礼拝する意味を理解していました。

捧げられた動物は、人類の罪を身代わりに背負われる救い主を表していました。ですからアベルは、自分が大切に育てていた羊の血を流してでも、神様の願いに従い、犠牲を捧げたのです。

カインの罪

一方、兄のカインは、その神様の命令を無視して、心に不満と不信をいだきながら、自分が栽培した地の産物だけをしぶしぶ捧げました。彼の礼拝行為は形だけで、神を畏れ、神を礼拝するものではなかったのです。彼は神に信頼し、神と共に歩もうとはせず、救い主の必要性も感じていませんでした。

当然、その捧げものが神に受け入れられたのはアベルのほうでした。カインは自分の罪を認めず、かえって神への不平不満を口にし、アベルを妬み、憎んだのです。アベルはカインの間違った言動を改めるよう懇願しました。柔和な心で、畏れることなく、断固として神の愛と恵みを弁護しようとしたのです。しかし結局、カインはアベルを殺しました。

エデンの東

映画にもなった「エデンの東」という有名な小説は、この聖書の記述がモチーフとなっていますが、カインとアベルの経験は、どの時代にあっても、正しい者の生活は、悪人にとっての憎悪の対象となることを示しています。

そして、カインとアベルは世界に存在する2種類の人を代表しています。神の愛を受け入れ、神と共に生きていこうとするか、神を排除し、自分の力で生きていこうとするかということです。

現代でも多くの人々は、文明を発達させていけば人は幸せになれると信じて、神の愛を受け入れようとはしません。

しかし、カインの生涯は、そのような生き方がどのような結末を迎えるのかということを教えています。カインとアベル、どちらの生き方を選びますか、聖書はあなたに問いかけています。

聖書の引用は、特記がない限り日本聖書協会新共同訳を使用しています。
そのほかの訳の場合はカッコがきで記載しており、以下からの引用となります。
『新共同訳』 ©︎共同訳聖書実行委員会 ©︎日本聖書協会
『口語訳』 ©︎日本聖書協会 
『新改訳2017』 ©2017 新日本聖書刊行会

関連コンテンツ

よかったらシェアしてね!
目次