堕落【願望の主】#18

この記事は約2分で読むことができます。

主は私たちの祖先アダムとエバを楽園に置かれました。この楽園は彼らの感覚、彼らの肉体を喜ばせるもので満ちていました。しかし、サタンはこれらのいくつかを、彼らを堕落させるために用いました。

悪魔は女を欺き、神に背かせるために、肉体の感覚をどのように用いましたか。

創世記3:1 ~ 6

アダムとエバが自らの感覚を通して神に背いたのは、まだ堕落していないときでした。このことは私たちにとって強力な警告となります。私たちの感覚・欲望が、たとえ神から与えられたものであっても、私たちを支配する強力な手段となることをサタンは知っています。聖書がこれらを制御するように教えているのはそのためです。さもないと、サタンはそれらを用いて私たちを滅ぼします。

ヨハネI の2:16 を読んでください。この原則は堕落の物語にどのように反映されていますか。目と肉そのものが悪であるという意味ですか。それとも、ほかに意味がありますか。

私たちの周囲には、神から与えられた素晴らしい賜物を乱用したことからくるさまざまな結果があふれています。神は人間に性を与えられましたが、人間はポルノ制作者になりました。神は人間に資産を与えられましたが、人間は貪欲で利己的になりました。神は人間に音楽を与えられましたが、人間はパンクロッカーになりました。神は人間に火を与えられましたが、人間は放火魔になりました。神は人間に食物を与えられましたが、人間は大食家になりました。神は人間に言葉を与えられましたが、人間は嘘をつき、呪うようになりました。神は人間にぶどうを与えられましたが、人間は酔っ払いになりました。神から与えられた賜物で、人間が罪によってゆがめ、乱用していないものを見つけることは至難の業です。罪の結果は至るところに見られます。

◆ 私たちの感覚や欲望を神の意図された世界と少しでも調和させるためには、どんな努力が必要ですか。そうすることが現在の私たちの人生をより幸福にしてくれるのはなぜですか。

\ 心のサプリのシリーズ別アーカイブはこちら /

*本記事は、聖書研究ガイド2005年第3期『主イエスを体験する』からの抜粋です。

聖書の引用は、特記がない限り日本聖書協会新共同訳を使用しています。
そのほかの訳の場合はカッコがきで記載しており、以下からの引用となります。
『新共同訳』 ©︎共同訳聖書実行委員会 ©︎日本聖書協会
『口語訳』 ©︎日本聖書協会 
『新改訳2017』 ©2017 新日本聖書刊行会

関連コンテンツ

よかったらシェアしてね!
目次