荒れ野の誘惑【願望の主】#19

この記事は約2分で読むことができます。

マタイ4:1、2 を読んでください(マコ1:12、ルカ4:1、2 参照)。イエスがこれほど長く断食されたのはなぜだと思いますか。それは私たちに何を教えていますか。

「信仰を告白する多くの人が、キリストの荒れ野における長期にわたる断食と苦悩の理由について調べようとしない。キリストの苦悩は飢えの苦しみよりも、むしろ食欲と情欲をほしいままにすることが人類にもたらす恐るべき結果についての意識からきていた。キリストは、食欲が人間の偶像となり、人間に神を忘れさせ、人間の救いの障害になることを知っておられた」(エレン・G・ホワイト『対決』51 ページ)。

サタンはアダムとエバに食欲の点で罪を犯させましたが、イエスはバプテスマ後の最初の大きな戦いにおいて同じ問題に直面し、アダムとエバの失敗したところで勝利されました。イエスの自己否定は、しばしば食欲と情欲の奴隷になっている私たちに重要なことを教えてくれます。

ペトロI の1:13 ~ 16 を注意深く読んでください。それは私たちの欲望と情欲に関してどんなことを教えていますか。「いつでも心を引き締め」ることは情欲を抑制する上でどれほど重要ですか。

これらの勧告の間に、聖なる者となりなさいという訴えがあります。これは本質的に罪深く、堕落した人間にとってはかなり厳しい要求です。しかし、それは明らかに達成可能な目標です。そうでなければ、聖書は何度も聖なる者となるように要求しないはずです。聖なる者となるとは、基本的には「聖別される」という意味です。それは私たちの欲望と情欲を制御することと関係があります。あらゆる行動、態度、生き方において聖なる者となるということです。基本的な欲望は神から与えられたものですが、私たちは世と世の放縦、悪習、堕落から離れるべきです。

◆ あなたはどの程度、自分自身の欲望を制御していますか。

\ 心のサプリのシリーズ別アーカイブはこちら /

*本記事は、聖書研究ガイド2005年第3期『主イエスを体験する』からの抜粋です。

聖書の引用は、特記がない限り日本聖書協会新共同訳を使用しています。
そのほかの訳の場合はカッコがきで記載しており、以下からの引用となります。
『新共同訳』 ©︎共同訳聖書実行委員会 ©︎日本聖書協会
『口語訳』 ©︎日本聖書協会 
『新改訳2017』 ©2017 新日本聖書刊行会

関連コンテンツ

よかったらシェアしてね!
目次