聖書の預言を徹底解説!黙示録にある終末予言?

聖書の預言を徹底解説

この記事は約10分で読むことができます。

この記事はこんな人におすすめ!
・予言と預言の意味の違いを知りたい
・ダニエル書や黙示録の預言をざっくり教えてほしい
・他の予言や占いと聖書の預言の違いを知りたい

みなさんは、占いや予言を信じていますか?

「占い?だまされそう」「予言といえば、ノストラダムス?」

そんな漠然としたイメージを持った人も、タロットやオラクルカードにハマっている人もいるかもしれません。

今日は、聖書の特にダニエル書の預言をざっくりと見ていきたいと思います。

目次

預言と予言の違いは?占いと何が違うの?

予言と預言の意味の違いとは?

予言と預言の意味の違いを、三省堂国語辞典第七版で見てみると次のようにあります。

予言とは

未来を予測して言う<こと/ことば> 

預言とは

キリスト教などで、神の霊感に打たれた者が神託としてのべることば。

つまり、単に未来を予測しているのが「予言」であり、神からのメッセージとして語られるのが「預言」です。

そのため、「預言」は未来を予測していなくても、神からのメッセージであれば「預言」なのです!

タロットカードのイメージ

予言者と預言者の違いは?占いとの違い

先ほど見た意味から区別するならば、一般的な「予言者」は「単に未来を当てる人」のことですが、聖書の「預言者」は「神のメッセージを伝える人」です。

また、占いの多くは「自分の未来を予想してほしい」「自分の選択にアドバイスがほしい」という理由で行われますが、聖書の預言は具体的な未来予想やアドバイスではありません

では、どのような預言が聖書にはあるのでしょうか? いくつか聖書の預言を見てみましょう。

聖書にあるキリストが預言した世界の終わり

マタイによる福音書24章にあるキリストの再臨の預言

どうぞお話しください。いつ、そんなことが起るのでしょうか。あなたがまたおいでになる時や、世の終りには、どんな前兆がありますか」。

マタイによる福音書24章3節

キリストがエルサレムの神殿の崩壊について言及したときに、弟子たちは神殿の崩壊と世の終わりを関連づけて、キリストに質問をします。

実際には、神殿の崩壊とエルサレム陥落は紀元70年に起きたため、世の終わりとは別の預言ですが、ここでキリストは二つの出来事の前兆に共通点が見られることから、二つの意味を持たせて答えられているのです。

そのため、マタイによる福音書24章には、紀元70年に起きたエルサレム陥落の預言と世の終わりの預言という二つの預言が書かれています。

戦争のうわさと偽りの宗教の台頭

多くの者がわたしの名を名のって現れ、自分がキリストだと言って、多くの人を惑わすであろう。また、戦争と戦争のうわさとを聞くであろう。……民は民に、国は国に敵対して立ち上がるであろう。

マタイによる福音書24章6―7節

現代においても、内戦や戦争は絶えず、国際的な危機に直面していますが、ローマ帝国の支配下にあったイスラエルでは、偽預言者が人々を扇動して反乱を起こす事態が発生していました。

また、現代においてもカルト宗教の問題は絶えません。これもまた、世の終わりの前兆の一つなのです。

地震や飢饉、感染病の流行

またあちこちに、ききんが起り、また地震があるであろう。

マタイによる福音書24章7節

エルサレム陥落絵の紀元41ー54年には、合計4回の大飢饉があり、紀元31年からA.D.70年にかけて大地震が続きました。最もひどかったのはクレタ島(46年か47年)、ローマ(51年)、フリギア(60年)、カンパニア(63年)で、加えてタキトゥスも、65年に特に激しいハリケーンと暴風雨が起こったことを記録しています。

また、ルカによる福音書21章11節にある記録では、このときにキリストは感染症の流行についても言及しています。

現代においても、大地震や飢饉、また世界的な感染症の流行が起こっています。

感染症のイメージ画像

モラルの低下と人間関係の崩壊

また不法がはびこるので、多くの人の愛が冷えるであろう。

マタイによる福音書24章12節

現代社会の大きな問題の一つは、モラルの低下と人間関係が希薄になっていることが挙げられるでしょう。

これらの再臨の前兆が陣痛のように徐々にその間隔と強度を増していくと聖書は述べています(マタイによる福音書24章8節)。

そして、最後の状態を聖書は次のように表現しています。

人々は世界に起こうとする事を思い、恐怖と不安で気絶するであろう。

ルカによる福音書22章26節

では、未来が見えなくて不安に苛まれるとき、わたしたちはどうしたらよいのでしょうか?

これから見ていくダニエル書には、さらに広い視点で世界の歴史が預言されています。

そして、その最後にこの質問に対する答えが書かれているのです!

早く答えを知りたい方は、下の記事をチェック!

ダニエル書に預言されている世界の歴史

ダニエル書2章に預言されている世界の終わり

預言を解き明かすダニエルのイメージ

聖書のダニエル書の中には、当時の世界帝国であったバビロンの王ネブカドネザルが見た夢を、預言者ダニエルが解き明かすという話が登場します。

それは、頭が金、胸と両腕が銀、腹とももが青銅、すねは鉄、足の一部は鉄、一部が粘土でつくられた大きな像の夢でした。

やがて、人手によらず切り出された大きな石がこの像を打ち壊し、大きな山となっていくのです。

ダニエルは王に与えられたこの像の夢は世界の歴史を預言していると言います。

この像の夢の意味は次のようになっています。

金の頭=新バビロニア王国

あなたはあの金の頭です。
ダニエル書2章38節

ネブカドネザル王は、バビロンをその当時の最もきらびやかな都にします。

金が豊かに産出されたため、都市が建設されたときには大量の金が使用されました。

銀=アケメネス朝ペルシャ

あなたの後にあなたに劣る一つの国が起ります。ダニエル書2章39節

二本の銀の腕は、当初はメディアとペルシャだったのが、そこからペルシャ帝国に統一されていくことを示しています。また帝国は税制度に銀を使用しました。

バビロンが滅んだ後の世界を支配したのは、ペルシャ帝国でした。

青銅=ギリシャ(アレキサンダー大王)

また第三に青銅の国が起って、全世界を治めるようになります。ダニエル書2章39節

第三の国は、アレキサンダー大王率いるギリシャです。全世界を治めるとあるよに、この国は先の大国よりもさらに広大な地域を支配し、ほぼ全世界を手中に収めます。

また、取引において、また戦争においてギリシャは青銅を使用しました。特にギリシャ兵は青銅の武具で有名でした。

鉄=ローマ帝国

第四の国は鉄のように強いでしょう。鉄はよくすべての物をこわし砕くからです。鉄がこれらをことごとく打ち砕くように、その国はこわし砕くでしょう。ダニエル書2章40節

アレキサンダー大王の死後、分裂していったそれぞれの国々を滅ぼしていったのが、ローマ帝国でした。

18世紀のイギリスの歴史家のギボンは次のように述べています。

諸民族及びその国王らを代表すべき金銀または真ちゅうの肖像は、ローマの鉄国によって次々に破壊された

『ローマ帝国衰亡史(五)』岩波文庫、401頁

鉄と粘土=ヨーロッパ

あなたはその足と足の指を見られまいたが、その一部は陶器師の粘土、一部は鉄であったので、それは分裂した国をさします。……あなたが鉄と粘土との混じったのを見られたように、それらは婚姻によって、互に混ざるでしょう。しかし鉄と粘土とは相混じらないように、かれとこれと相合することはありません。ダニエル書2章41、43節

足が二本あるように、鉄で象徴されたローマ帝国は東西に分裂し、やがて滅亡していきます。

そしてその後、足の指のように、世界は統一されることなく、各国に分かれ、現在のヨーロッパの形へと至ります。

ダニエルはこの国が「婚姻によって混ざるけれども、完全に一つになることはない」と預言します。

その預言どおり、ハプスブルグ家を筆頭にヨーロッパの王室は政略結婚により、一つになろうとしましたが、完全に一つになることはできませんでした。

その後も、ヨーロッパは政治的にも経済的にも一つになりきれていません。

石=神の国とキリストの再臨

それらの王たちの世に、天の国は一つの国を立てられます。……そしてこの国は立って永遠に至るのです。ダニエル書2章41、43節

最後に登場する国は、神によって建てられる国であるとしています。

他の聖書の箇所を見てみると、「石」はイエス・キリストを象徴しています(1コリント10:4、イザヤ28:16、ルカ20:17ー18)。

「人手によらず切り出された石が像を砕く」とは、キリストの再臨と天国を象徴しているのです。

ダニエル書2章には、世界の強国の興亡とキリストの再臨が預言されています。そして、この預言はダニエル書7章でさらに詳しく描かれているのです。

ダニエル書7章に預言されている反キリストと終末

ダニエル書の預言のイメージ

ダニエル書2章には、世界の歴史が預言されていましたが、これはダニエル書7章と8章にある預言で繰り返され、その象徴がどの国を指しているのかを明確にしています。

ダニエルは海から4つの獣が出てくるのを幻の中で見ます。この獣はそれぞれ、4つの権力をあらわしていました。

しし=新バビロニア王国

第一のものは、ししのようで、わしの翼をもっていた。

ダニエル書7章4節

この翼のあるライオンは、バビロンの守護神マルドゥクと共に戦う獣の姿の一つとして、よく美術品に描かれています。

有名なものでは、ネブカドネザル王によって建設されたイシュタル門に、この翼を持つライオンが描かれています。

ダニエル書2章に描かれた像でも、一番最初に登場した国はバビロンでしたが、7章でも同様にバビロンから預言が始まっていくのです。

イシュタル門に描かれているライオンのレリーフ
イシュタル門に描かれているライオンのレリーフ

熊=アケメネス朝ペルシャ

第二の獣はのようであった。これはそのからだの一方をあげ、その口の歯の間に、三本の肋骨をくわえていた。

ダニエル書7章5節

山に生息する熊は、メディアの山岳部から興ったこの国にふさわしい象徴となっています。

新バビロニアを滅ぼして登場するのが、ペルシャ帝国です。このとき、リディア、バビロン、エジプトの三国が滅ぼされますが、これが「三本の肋骨」で象徴されています。

また、この熊は「からだの一方をあげ」ているアンバランスな姿勢で描かれていますが、これはペルシャ帝国の成り立ちを示しています。

当時、メディアとペルシャの両国は姻戚関係であり、密な関係でしたが、次第にその関係は変化していき、最終的にペルシャがメディアから覇権を奪い、ペルシャ帝国が誕生しました。

このような見解にたいしては、行き過ぎとの反論も出されている。しかし、現状ではペルシア帝国がメディア「王国」を先行国家とし、草創期にはその領土的基盤のみならず、国家的な制度をも内に取り込んだとの見方に修正が余儀なくされている。

阿部拓児. アケメネス朝ペルシア 史上初の世界帝国 (Japanese Edition) (p.52). Kindle 版.

ひょう=ギリシャ(アレキサンダー大王)

その後わたしが見たのは、ひょうのような獣で、その背には鳥の翼が四つあった。またこの獣には四つの頭があり、主権が与えられた。

ダニエル書7章6節

ひょうと四つの鳥の翼で象徴されるこの獣は、ペルシャを滅ぼしたアレキサンダー大王の帝国を象徴しています。

アレキサンダー大王は、紀元前334年に遠征を開始。前332年にエジプトを、前331年にペルシャを滅ぼし、劇的なスピードで世界を統一していきました。

この出来事はダニエル書8章にも預言されており、そこには明確に国名が登場しています。

あなたが見た、あの二つの角のある雄羊は、メデアとペルシャの王です。また、かの雄やぎはギリシヤの王です、その目の間の大きな角は、その第一の王です。
またその角が折れて、その代りに四つの角が生じたのは、その民から四つの国が起るのです。しかし、第一の王のような勢力はない。

ダニエル書8章20ー22節

ダニエル書8章でもあるように、アレキサンダー大王の死後、後継者争い(ディアドコイ戦争)が発生し、国が分裂。第四次ディアドコイ戦争後に、四つの国へと分かれていきます。

そして、その国々はどれもアレキサンダー大王時の勢力に匹敵することはありませんでした。

非常に強い獣=ローマ帝国とヨーロッパの国々

第四の獣は、恐ろしい、ものすごい、非常に強いもので、大きな鉄の歯があり、食らい、かつ、かみ砕いて、その残りを足で踏みつけた。これは、その前に出たすべての獣と違って、十の角を持っていた。

ダニエル書7章7節

ディアドコイ戦争後に興った国々は、互いに敵対し合い、最後にはローマ帝国によって滅ぼされ、統一されていきます。

しかし、このローマ帝国もやがて分裂し、滅亡するのです。その後、前に見たダニエル書2章にも預言されていたとおり、ヨーロッパの原型を形成していきます。

十の角=ローマ帝国後に登場した十カ国

  • 西ゴート(スペイン)
  • アングロ・サクソン(イングランド)
  • フランク(フランス)
  • アレマン(ドイツ)
  • ブルグンド(スイス)
  • ランゴバルド(イタリア)
  • スエビ(ポルトガル)
  • ヘルール
  • 東ゴート        
  • ヴァンダル 

上の十カ国のうち、ヘルール、東ゴート、ヴァンダルはその後、滅亡していきましたが、これもダニエル書に預言されています。

わたしが、その角を注意して見ていると、その中に、また一つの小さい角が出てきたが、この小さい角のために、さきの角のうち三つがその根から抜け落ちた。見よ、この小さい角には、人の目のような目があり、また大きな事を語る口があった。

ダニエル書7章8節

東ローマ帝国の皇帝は、ローマの司教に反対していた三つのアーリア系部族の王国を滅ぼしていったのです。

またこの時に、10の角(ヨーロッパ)の地域から、小さい角と呼ばれる新たな権力が生まれることを聖書は預言しています。

ヨーロッパの地図のイメージ

小さい角=ローマ・カトリック

この獣の頭には、十の角があったが、そのほかに一つの角が出てきたので、この角のために、三つの角が抜け落ちた。この角には目があり、また大きな事を語る口があって、その形は、その同類のものよりも大きく見えた。……十の角はこの国から起る十人の王である。その後にまたひとりの王が起る。彼は先の者と異なり、かつ、その三人の王を倒す。

ダニエル書7章20、24節

小さい角の特徴はいくつかありますが、大きくまとめると以下のようになります。

  1. この権力が要因となり、3つの勢力が滅びる
  2. 大きなことを語る口を持っている
  3. 他のヨーロッパ諸国よりも大きな力を持つ。
  4. 今までとは異なる権力

この特徴に該当する中世ヨーロッパに存在した勢力は、ローマ・カトリックです。

当時のカトリックの絶大な権威を見ることができる事件が、カノッサの屈辱です。

教皇グレゴリウス7世は、聖職者の叙任に世俗の権力者が介入すべきではないとし、1075年に『教皇令』を発布。これによりグレゴリウス7世は、教皇は世俗の権力者より上位にあるとしたのです。

これに対し、帝国の中心的な存在である司教の任命権を手放すわけにはいかない、皇帝ハインリヒ4世が反応し、大論争が始まります。

ハインリヒ4世は教皇の廃位を決め、それに対して教皇グレゴリウス7世は皇帝を廃位し、破門すると言って対抗。

当時の教会の教えでは、破門は地獄に落ちることを意味していました。

加えて、帝国内の諸侯が教皇に従わなければ新しい皇帝を選ぶという立場をとったために、ハインリヒ4世は1077年1月、グレゴリウス7世のいる北イタリアのカノッサ城に行き、許しを求めたのです。

今までとは異なる、宗教権力であるローマ・カトリックが、他のヨーロッパ諸国よりも大きな力を持ったことを如実に示した出来事でした。

ダニエル書にある最後の預言

ダニエル書2章と7章の預言を見てきましたが、そのどちらも世界の歴史を預言したもので、最後には神によって天国が建てられる預言で締めくくられています。

ついには、いと高き者の聖徒が国を受け、永遠にその国を保って、世々限りなく続く

ダニエル書7章18節

ヨハネの黙示録やエゼキエル書に預言されている世界の終末

ヨハネの黙示録に預言されているアメリカ!? 666の予言とは?

キリストの弟子の一人ヨハネが書いたヨハネの黙示録は預言書として知られていますが、このヨハネの黙示録にもダニエル書と同様、世界の歴史についての預言が書かれています。

ヨハネの黙示録には、フランス革命やアメリカの興りなども預言されており、有名な666の預言なども登場します。

黙示録もダニエル書と同様に、世界の歴史について預言した後、最後には神によって天国が建てられる預言で締めくくられています。

終末のイメージ画像

ロシアや第三次世界大戦はエゼキエル書の預言に書かれているの?ゴクとマゴクとは?

エゼキエル書の38章と39章にある預言は、一部のキリスト教会の中で、ロシアに当てはめられて考えられています。

その根拠とされているのが、38章2節に登場する「マゴグの地のゴグ、すなわちメシェクとトバル<そしてロシュ(NKJV)>の総首長に対して」という言葉です。

音が似ているために、多くの人々は、この箇所に登場するロシュをロシアと結びつけ、メシェクをロシアの首都であるモスクワをあらわす言葉として解釈していますが、この解釈には無理があります。

今まで見てきたダニエル書の預言がさまざまな特徴から、その象徴が何を示しているのかを特定しているのに対し、音が似ているというだけでは、断定は難しいでしょう。

ロシュとロシアの音の類似は、純粋に偶然であると見ることができます。約10世紀以前のその国に、その名を当てはめる証拠は、ないと思われます。

NICHOL, Francis. Seventh-day Adventist Biblical Commentary. Vol. 4. Tatuí: Casa Publicadora Brasileira, 2012, p. 777.

戦争や紛争は、一番最初に見たように、聖書の中ではキリストの再臨の前兆として預言されています。しかし、聖書が強調してるポイントは、どの権力が前兆を引き起こすかではなく、キリストがどのように私たちの世界に終止符を打つのかという点です。

まとめ

一般的な「予言」は「単に未来を当てる」ことですが、聖書の「預言」は「神のメッセージを伝える」ことです。

「自分の未来を予想してほしい」「自分の選択にアドバイスがほしい」という占いとも異なり、聖書の預言は具体的な未来予想やアドバイスではありません。

むしろそのポイントは、「キリストがどのように私たちの世界に終止符を打つのか」なのです。

それは同時に、この激動の世界も神が支配しており、最終的には勝利をおさめるというメッセージでもあるのです。

参考文献

Nichol, F. D. (Ed.). (1980). The Seventh-day Adventist Bible Commentary (Vol. 5). Review and Herald Publishing Association.

エリアス・ブラジル・デ・ソウザ『21世紀のダニエル書講解』

ゲルハルト・ファンデル『ダニエルーバビロンの先見者』

辛 啓勳『よくわかるダニエル書』

アドベンチスト・ニュース・ネットワーク2022年3月10日配信

当サイトの活動はすべて無料で行われており、皆様の寄付金によって支えられております。今後とも、皆様からの温かいご支援をよろしくお願いいたします。
ご協力いただける方は、ゆうちょ銀行の下記口座へご送金いただければ幸いです。 

口座番号 00220ー1ー73287
加入者名 アドベンチスト・メディアセンター

聖書の引用は、特記がない限り日本聖書協会口語訳を使用しています。
そのほかの訳の場合はカッコがきで記載しており、以下からの引用となります。
『新共同訳』 ©︎共同訳聖書実行委員会 ©︎日本聖書協会
『口語訳』 ©︎日本聖書協会 
『新改訳2017』 ©2017 新日本聖書刊行会

よかったらシェアしてね!
目次